読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

kaO10×東方世奏華 夢現の魔窟

うごで執筆中の『東方世奏華』の色々をひっそりと書き込む処です

世奏華①

つい三年前の話だ。

私の父は逝ってしまった。
私と、母と、火薬とを遺し、
最高の花火の創り方、その一切を持ち逃げして。

───そう、最高の花火。
試し打ち、夢への第一歩…それは筒の中で爆発し、
父だけを巻き込んで哀れな五分咲きをしてみせた。

その幻想的な光景を、私は忘れない。
アレを完成させる為なら、人生だって投げだそう。

願いの欠片、半開きの華。
いつか必ず、満開にして、父に光を届けるのだ。

* * *

『この手紙を読んでる頃には、私は亡くなり、灯那はもう14になっているのだろうね。
もしかしたら、今は花火師を目指しているのかな?そうであったなら嬉しいが、私が道を定めてしまったようで複雑だ。

私の完成させたかった最高の花火、あれを私は「幻想花火」と呼んでいた。
この名称の意味は、実は「幻想郷にまで届く夢幻の華」といった所だった。
幻想郷、というのは…実際に行ってみれば分かるだろう。この世界では完成し得なかったが、そこならば、或いは花開くかもしれないのだ。

ここに入り口を示す。出来ることならば、どうかその世界へ。届かないのなら、せめてそちら側で「幻想花火」を打ち上げて欲しいのだ───

これが父から大好きな灯那へ、最後のお願いだ』


「ふぅ───最後のお願い、なんて言われたら行くしかないじゃない」

試し打ちの度に遺書なんて書くつもりだったのか、大量の便箋の中からその1通は見つかった。

子供部屋にあるような、鍵のかかったトレジャーボックスを開けたのは『3年後に渡すようにって、父さんが』と母から鍵を受け取った先程。

私が花火師を真剣に志したのは、まぁ、確かに父の亡くなった3年前なのだが。
こればっかりは自分の意思だったので、どうか天国で純粋に喜んで貰いたい。

「さてと!早速準備しようかな…その『幻想郷』とやらに行く為に」

実際地図は裏山を指していて、そんなに準備が必要な訳ではない…筈ではある。
あるのだが、直感やら第六感やらがしっかり準備をしろと告げているのだ。

父の手紙、お金、貴重品、花火道具、おにぎり。

「これだけあれば完璧…だと思うんだけど」
不安は自然と付いてくるもの。
道中でどうにか振り払うしかないだろう。

父も、不安を振り払ってあの花火を創った筈だ。
なら私も、勇気を持って幻想郷なる場所へ行こう。

母にろくな説明もせず庭を飛び出していき、
その勢いのままに裏山を駆けていく。

眼前には鳥居。そして何の変哲もない神社。
どうにもひどく懐かしくなるが、それだけだ。
何があるのかなんて知らない。
何が起こるのかだって知らない。

私は────光莱 灯那 (コウライ ヒナ)は。
ただ本能のまま、幻想へと飛び込んでいった。



[夢女子が地雷になっているのに灯那の口調は自分に寄せている為に自爆するの図。

ひっそりと。]

結局黒歴史を増やしただけかもしれない

NNIDの引き継ぎって出来なかったんですね
new3DSって3DSと違ってmicroSD使うんですね

はい、new3DS買いました
けど案の定データ吹っ飛びました
もう、正直モチベが微塵も無いです 
東方熱もガン冷めなうです
twitterアカウントに東方要素が微塵もない時点でもうお察しですね
でも星条旗のピエロは神曲だと思います
BGMの熱が冷めない辺り、自分は幻想郷の中で動くうちの子が好きだったに過ぎないのかなとも考えてます

うごで見たせつなさんの台詞の通りです
あわせる顔が無いです
キャラ借りっぱで、団員表も作りかけで
何一つ終わらぬまま消えましたから

よその子さんのキャラシも消えたんで
少なくとももうあの異変の続きは書けないでしょう
そもそも当時続き書いてなかったやつは現想氷神巫 位で
…復帰は後ろ向きに考えてます

結局黒歴史を増やしただけかもしれないけれど
団体の皆と話すのは結構たのしかったなぁ

3月31日

忘れもしない3DSぶっ壊れ事件からもうあと1ヶ月で1年、早い
今までホントに何もしてなかったんだけど、心の中に燻ってる物を吐き出したい気持ちで今この記事を書いてます

あの頃は書こうともしてなかったのにおかしいね
まぁ、ネタとか妄想とかを脳内で完結させてしまうからわざわざ文字に起こしたくなくなるのではという結論に達し自分を納得させてますが

思えば因果応報だったんだろうなぁ、当時は某鼠園から帰ってきて幸せの絶頂から一気に絶望の淵に立たされた気分だった
何もせず呑気に新着漁ってた自分への罰ってやつかね

弟の3DSを介して情勢を見た
リアルタイムで別れと見舞いの言葉をかけられなかったのが最大の心残り
今になって、完成していたバトル1in守矢神社を他が出来てなくても投稿しなかったことを後悔してる

金銭的なものもあり、修理か購入かは分からないけど戻ってくるのには早くて半年、遅くて1年はかかるかもなぁ
戻っても、私はあの頃のように小説を書けるんだろうか
今まで何もここに書き込んでなかったのが答えだろうけど

何を書きたいのか自分でも分からなくなってきたから終わる

Test

うごで意味不明難解東方小説書いてます

更新は(こちらも)遅いです

とりあえずよろしくです